2017年02月12日

小袋に分けられた大量のチョコレート

私の食卓の真向かいは娘(高1)が座る定位置。
バレンタインを前にして目の前でプレゼントチョコをせっせと作っています。
すでに完成し、小袋に数個づつ詰められたチョコの袋が25袋。

IMG_2244.JPG

全て、女子テニス部の友達にあげるようです。

「今作ってるのは誰にあげるの?」とたずねると、
「他のクラスの友達〜。」と言っています。
タッパに入れてまとめて配るようです。
これも友チョコのようです。

IMG_2243.JPG

娘『この間クラスの男子がね「俺、今年もお姉ちゃんからしかチョコ貰われへんのかなーって」ぼやいててん。そしたら隣にいた男子が、「俺、お兄ちゃんしかおれへんから、ガーナチョコ自分で買うて食べようかなー」って言うててん。おかしいやろ!』

父「その男の子たちにチョコあげたら?」
娘「あげへん、あげへん(笑)」

まだまだ、恋愛の香りのしないうちの娘です。

追記
娘からは小袋に入れられた本命チョコ(笑)をいただきましたが、
愛妻から「はいコレ!」と手渡されたのは、
阪神御影駅で駅員から配られたらしいモロゾフの1個入りのチョコ(涙)
すぐに車の中で食べてしまったので、その粗品は皆様にお見せできません(泣)
(モロゾフの本社が御影駅の近くにあるようで、配布されたのだろうとのことでした。)

posted by go at 23:18| Comment(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。