2014年10月12日

こどものまち、できました。

7月末から携わっていた、デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)のワークショップ、ちびっこうべユメミセプロジェクトがとうとう完成しました。
KIITOホールいっぱいに、こどものまちがひろがっています。

私たちの14班のお店は「ことりのうえきばち』。
カップデザートを販売します。
image.jpg


ちびっこたちの、こんなアイデアや、
03.jpg

こんなアイデア、
02.JPG

そしてこんなアイデアが、
01.jpg

ひとつのスケッチにまとまり・・・
04.jpg

模型になって・・・
05.jpg

実際のかたちとなりました。
06.jpg

12日からは完全に大人の手を離れて、こどもたちだけで運営します。
いっぱいお客さんがきてくれたらいいなと思います。

mi

ユメミセは小学校3年生から中学校3年生ならどなたでも参加できます。
(大人は見学のみ)
詳しいスケジュールはKIITOのページをご覧下さい。
http://kiito.jp/schedule/event/article/8867/



posted by go at 10:31| Comment(0) | 日々のこと

2014年09月16日

ちびっこうべ

神戸クリエイティブセンターKIITOの「ちびっこうべ2014」。
小学校3年生から中学校3年生のこどもたちが夢の街をつくるワークショップです。

ちびっこうべポスター.jpg
http://kiito.jp/schedule/event/article/8867/

その中心となるユメミセプログラムに建築家チームのクリエイターの一員として参加しています。
7月下旬から計画がスタート、10月に完成の予定です。
我が14班の店名は「小鳥のうえきばち」、カップケーキのお店です。
9月20日の着工にそなえて、先日、工務店さんの作業場をお借りし資材の準備をしました。
吉本家のちびっ子もすこしばかりお手伝い。

さて、どんなお店になるでしょう。

IMG_8642_0.jpg

IMG_8674_0.jpg

m
posted by go at 16:57| Comment(0) | 日々のこと

2014年04月03日

事務所のある苦楽園口界隈の桜はただ今満開です。
どこを見ても桜、桜、桜。
薄いピンク色であふれています。
一年で一番華やかな時期ですね。

140402sakura_2.jpg

140402sakura_1.jpg

桜だけでなく、ユキヤナギも見頃をむかえています。
明日は少しお天気が崩れるそう。
どうか持ちこたえてほしいものです。

140402sakura_3.jpg

mi
posted by go at 13:05| Comment(0) | 日々のこと

2014年03月13日

鳩だけでは手紙を運べない

本日郵便局で2円切手を20枚購入してきました。
20枚買っても40円でした。あたりまえですね。

4月1日からウサギの力を借りなければ
手紙やハガキを配達してもらえなくなるようです。


鳩、ウサギ.jpg


変更後の郵便料金の抜粋
http://www.post.japanpost.jp/lpo/tax2014/
posted by go at 20:33| Comment(0) | 日々のこと

2013年12月28日

モッツアレラチーズやと思ったわ〜!



年末の掃除を行っていると娘から電話がありました。

娘 「お父ーさん、今、大丈夫?」
父 「どうしたん?」
娘 「今ね、厨房でお母ーさんが『え”〜』って叫んでいるから何があったんかと思って
   見に行ったら、モッツアレラチーズやねん」
父 「何の事?」
娘 「違うねん、ゆで卵切ったら黄身が入ってないねん!」
父 「え”〜、マジ〜?」
娘 「ほんまやねん!、まな板の上 にモッツアレラチーズが置いてある おもたわ!。
   お母ーさんが写真送る言うてたから見といて!」
父 「おとーさんも、そんなん見た事ないな〜!」

毎年、年末に参加させていただく忘年会があり、いつも卵のおつまみを家内が作っています。
これが絶品なのですが、その下ごしらえ中に見つかったのが黄身のない玉子でした。
下の画像をご覧下さい。


モッツアレラ玉子
卵.jpg
posted by go at 23:59| Comment(0) | 日々のこと

2013年12月24日

ヤッター、ケーキ2つや〜

今日はX'mas イブ。

仕事の帰りにケーキ屋さんの前を通りかかったので
子供達にケーキを買って帰ることにしました。

父 「もしもし、お父さんやけど、まだ起きてる?」
娘「起きてるけど、どうしたん?」
父「さっき、ケーキ買ってん。」
娘「やったー、ケーキ2つや〜!」
父「どーして?」
娘「おかーさんも、作ってくれてるねん。」

そうでした。吉本家は、家内がケーキを作ってくれるのでした。
子供達の誕生日も、毎年、お手製のケーキを家内が作っています。

X'masはどうだったか?記憶にありませんでした。
そう言えば、数日前に生協から届いた食料品の箱の中に
スポンジケーキの生地が入っていたのを、今になって思い出しました。

父「ほんまかいな〜、おと〜さん、今、芦屋駅やねん。すぐ帰るから待っててね。」
娘「分かった、待ってるね〜!」
それから十数分後、

バスの運転手さん「お客さん、終点ですよ〜。」
父「えっ、すいません。降ります。」
忘年会でお酒を飲んでいたため、乗り過ごしてしまいました。

家から2つほど行き過ぎたバス停から、トボトボ歩いて帰る道中、スーパーマーケットで
子供達に飲み物を買って帰ろうと思いつきました。

父「すいませ〜ん。子供の飲むワインって置いてありますか?」
店員さん「シャンメリーのことですね。すいません、X'masで売り切れてしまいました。」
父「そうですか、ありがとう。」
そう言って店を出ようとしたした時、
店員さん「子供のビールならありますが」と、わざわざ、私を探してお店の外まで出てきてくれました。


只今、私は、自宅の食堂でブログを更新しながら、娘が風呂から上がってくるのを待っています。
これから、まずは母親の作ってくれたケーキから頂く予定です。

今年も家族との何気ない、それでも幸せなX'masイブを迎えています。


posted by go at 22:08| Comment(0) | 日々のこと

2013年09月07日

アライグマ

昨日、ウリボウの目撃情報をお知らせいたしましたところ
ブログをご覧頂いた目神山のクライアントの方から
ちょっとかわいくてちょっと怖い目撃情報を頂きました。

遭遇された場所は目神山の一番坂。先日の豪雨の雨上がりの朝の
目撃情報です。(S先生ありがとうございました)


アライグマ1匹.jpg



アライグマ2匹.jpg
2匹います。
posted by go at 12:29| Comment(0) | 日々のこと

2013年09月06日

ウリボウ


数年前、事務所の植木鉢に蛍がとまって いるのを見つけ、夙川の水際にほど近い場所で生活を送っていることを、感慨深く思ったことがありました。
当時まだ小さかった子供達にそのホタルが光るところを見せてあげたことを昨日のことのように思い出します。

今日の夜の10時過ぎ、事務所の前で3匹のウリボウと遭遇しました。体をくっつけながら3匹は駅に向かって小走りで歩いて行きます。
3匹から少し遅れて親のイノシシが現れました。「ヒエー」と思いました。ウリボウ達はどんどん駅に向かって歩いて行きます。親イノシシは、「オイオイ、何処へ行くねん?」と少し困った表情っだった様に見えました。イヤ 、間違いなく親イノシシはそんな表情をしていたように思います。

事務所から車で5分ほどの山間部に目神山という名前の山間にできた町があり、この山での設計監理の際に、親子のイノシシをよく見かけましたが、事務所の前で見かけたのは今回が始めてです。蛍は少し嬉しかったですが、イノシシは体がデカかったので少し恐かったです。

事務所は川に近いだけでなく、山にも近いことを実感した今日この頃です。

posted by go at 01:39| Comment(0) | 日々のこと

2013年04月05日

花束


「起きなさーい。いつまで寝てるのー?」
子供たちを起こす家内の声で、時々、私も目覚めます。

春休みの為、長女(もうじき中1)と、息子(もうじき小4)が、
普段より少しおそくまで寝ています。

以下、そんな平日の朝食の後の出来事です。

娘 「おとーさん?」

父 「ん?」

娘 「おかーさん何処?」

父 「洗面所やと思うよ?」

しばらくして母親が洗面所から出てきました。

これに合わせるように、子供達も部屋から出てきました。

娘 「おとーさん、おかーさん 。ちょっとそこ、二人で並んで!」

母 「何?」
父 「どないしたん?」


息子 「結婚 20周年 オメデト〜」

娘 「ハイ、これどうぞ!」
そう言いながら、紙で作った大きな花束を母親に手渡しました。

私は結婚記念日だということを忘れていて、子供達に祝福
される事も全く予期していませんでした。

母親は娘から手渡された紙の花びらを
   1本づつ、指で形を整えながら。

母  「この部分はもうちょっと、こういう風にしといた方が良かったね」と、
笑いながら花束のデザインの所見を述べていました。
母親の顔は涙でグシャグシャでした。

子供達からのこうしたサプライズは初めてかもしれません。そう
いえば 2日程前、あまりにも散らかっている子供部屋の掃除をさ
せた時、長女の机の上の折かけの折り紙を見つけた私は「掃除の
途中で遊んだらあかん!」と、叱かりました。昨日の夜も、子ども部
屋の入口に「大人入室禁止」の貼り紙をし、扉につっかい棒をしたこと
を、母親に叱られていました。今になって思えば、我々にに見つからない
ように、姉弟で花束の制作をしていたのです。

小さい頃の子供達は、秘密をナイショにすることができずに、
    こっそり教えてくれたのですが、少しだけ大人になった子供達は、
 叱られても、見つからないように、セッセと花束を作れるようになっていました。


家内とは、以前勤めていた設計事務所で出会い、20年前に結婚しました。
とても心根の優しい女性で、わたしは20年間ずーっと幸せですが、
家内はそうではないようです(笑)

go
posted by go at 03:09| Comment(0) | 日々のこと

2013年01月30日

作品展

小学校で、児童の作品展が開かれました。
面白い作品を、2点ご紹介。


3年生の作品です。
コミカルで楽しい造形です。
(背中はどんぐり)
image.jpg



次は5年生の作品

image.jpg

「お前をもっと まるくかいてやる」
絵と解説の文言が面白〜い。(笑)

Go

posted by go at 17:48| Comment(0) | 日々のこと

2013年01月04日

年賀状


何の下書きもなく、構図を頭の中に描き、「いきなり描く」ことは
私にはできないのですが、
子供は、簡単に描いてしまいます。

建築を設計する時は何枚も何枚もエスキスを重ねますが、
子供の絵は直感的で純粋なことに、驚きます。

ここ数年、賀状の挿絵は息子に描いてもらっています。
以下は、小3の息子が短い時間で描いた、今年の干支。いくつかの蛇のスケッチです。
だんだん面白くなって行くのが分かります。



「へびの1」

scannedimg 11.jpg



「へびの2」

scannedimg 6.jpg
なかなかよい。



「へびの2の2」

scannedimg 5.jpg
これは2の別バージョン。



「へびの3」

scannedimg 7.jpg
面白い。



「へびの4」

scannedimg 8.jpg
すばらしい。





2013_決定.jpg

「へびの4」が素晴らしいのですが、子供の描いた絵に見えません。
今年の年賀状は「へびの2の2」となりました。
スケッチの作者は、へびのシッポの上で寝ころがっている少年です。

GO
posted by go at 22:27| Comment(0) | 日々のこと

2013年01月01日

停電

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいします。

帰宅の車中、自宅の近くの信号が消えていました。
故障かな?と思いましたが、辺りの街灯も消えていることに
すぐ気づきました。

自宅のテラス(高層階)から見える西側の地域は現在も灯りが見えません。
かなり広範囲に渡る停電のようです・・・。

先ほど、荷物を届けていただいた宅配業者の方に様子を尋ねると、
夕方からの停電とのことです。
現在夜の9時10分。まだ、灯りは見えません。
冷え込む夜の長時間の停電なので心配です。
早く復旧しますように。

GO

posted by go at 21:11| Comment(0) | 日々のこと

2012年09月03日

阿波ことば絵本

息子(小3)の夏休みの自由研究です。

Camscanner0.jpg

徳島のおじいちゃんや、おばあちゃんが使っている言葉を絵本にしています。
その中から一部ご紹介します。



『あばさかる』
 調子に乗ってはしゃぐ様子をいいます。

Camscanner2.jpg




『あるでないで』
「あるのかないのかどっちやねん!?」とツッコミを入れたくなるような言葉ですが、関西弁の【あるやないか】と同じようにつかいます。

Camscanner3.jpg





『はめる』
「ぴったりと入れ込む」という意味で使われる標準語とは異なり、「ぴったり」という意味は大事にされておらず、【入れる】とほぼ同義です。「仲間に入れて」は「仲間にはめて」 となります。 by ウィキペディア

Camscanner8.jpg




『まけまけいっぱい』
表面張力を破るぎりぎりまで容器にいっぱい入った状態をさします。

Camscanner10.jpg

また、表面張力を破って、あふれ出てしまうことを「まけ出る」といいます。




『えっとぶり』
【ひさしぶり!】と、同じ意味です。

Camscanner1.jpg





『おまはん』
【あなた】と同意です。

Camscanner4.jpg





『どちらへか』
【どういたしまして】と同じです。

Camscanner7.jpg




『いぬ』
【帰る】と同じです。これは関西でも使いますね。

Camscanner11.jpg




『ほなけん』
【だから】と同意。【だけど】の時は「ほなけんど」となります。

Camscanner9.jpg


徳島に縁のある方は、くすっと笑っていただけるかと思います。


go


posted by go at 17:36| Comment(0) | 日々のこと

2012年04月11日

夙川の桜

例年と比べて少し遅目でしたが、やっと桜の季節がやってきました。苦楽園口に事務所を構えていることを、とても幸せに感じる時季の到来です。

120409_syukugawa.jpg

河川敷は右を見ても左を見ても、満開の桜でいっぱい 。桜だらけです。少し散歩したら、仕事の疲れなど吹き飛んでしまいます。

その夙川公園ですが、今年から少し様子が変わりました。去年まで花見の頃にズラリと並んでいた露店がなくなったのです。 以前から景観を損ねることやゴミの不法投棄が問題となっており、今年度から西宮市が公園の使用許可を出さないことにしたそうです。

IMG_7922.jpg

実は以前にも露店が出ない年がありました。それはもう17年も前、阪神淡路大震災の年です。苦楽園口の辺りも倒壊した建物が撤去されておらず、人の気持ちもまだまだ普通の状態ではないときです。そんな時に夙川公園の桜はそれまでと同じように満開の花を咲かせて、私達に変わってないものもあることを教えてくれました。震災のおかげで仲良くなった近所の人達と、お弁当を広げてのんびりお花見を楽しんだことを思い出します。

もちろん今年は人出も多く、あの時ほどのんびりしていませんが、露店がない分だけ広々として、花が綺麗に見えます。たこ焼きやベビーカステラを食べられないのはちょっと残念ですが、それぐらい我慢しなければと思っています。

やっと満開になった桜。今日の雨で散ってしまいませんように。

120409_syukugawa02.jpg

mi


posted by go at 17:47| Comment(0) | 日々のこと

2012年02月08日

「ところてん鬼のあそび方」


「ところてん鬼」という遊びがあるようです。
文中の「たばになって」という表現は、きっと
 最近覚えたのだと思います。


息子(小2)の作文。
ところてんおに.jpg



「ところてんおにのあそび方」
       よし本 かい

ところてんおにのあそび方は、
まず、おにとにげるひとをきめます。
そのわけは、おにが多すぎたら、
すぐにゲームがおわってしまうからです。

そのつぎに、二人か三人で たばになって
にげるひとがかたほうにすわったら、
もうかたほうの人がにげます。
そのわけは、同じ人がずっとにげることになるからです。

にげる人は、すわる前にタッチされたら
おにを交たいします。
そのわけは、同じ人がずっと
おにになるからです。


なんだか良くわかりませんが(笑)雰囲気だけは伝わってきます

posted by go at 02:11| Comment(0) | 日々のこと

2011年11月01日

うおのたな

小5の娘が社会見学で、明石の「魚の棚商店街」まで出かけ、魚を買って帰ってくれました。


娘 「もしもし、おとーさん?」
  「今日「魚の棚」まで行って、魚買うてきてん」
  「おみやげあるよ〜」

父「へ〜、何買うたん?」

娘「タイ!」

父「ふ〜ん。なんぼしたん?」

娘「10匹で、200円。」

父「え”〜」

娘「イワシとイカナゴも買うてんで〜。み〜んなまとめて、なんと500円。
  どうも小学生価格らしいわ!」


という電話の後で送られて来たメールがこれ!




kodai.jpg

よ〜く、数えると11匹です。
200円


iwashi.jpg

イワシ
100円


ikanago.jpg

イカナゴの釘煮
200円


こうして見ると、やっぱり鯛が安過ぎ!






吉本家は、子供たちが遠足や社会見学で出かけた場所へ、家族全員でもう1度、出かけることがあります。
先日は娘の呼びかけで、宝塚の手塚治虫記念館へ皆で出かけました。
私が小学生の頃(40年以上前)に見た、ビッグX。ワンダー3などの動画を見て懐かしく思いました。

魚の棚へ、私は行ったことがなく、前から「行きたいな〜」と、思っていました。
小学生価格での買い物は、きっと、できないでしょうが週末は私が家族を誘おうと思います。


こんなメールも届いていました。


sasaduke.jpg

加工された11匹。(これは家内作)



 

posted by go at 21:16| Comment(0) | 日々のこと

2011年09月28日

釣り仲間のモリちゃんとこの家族の話

私 「えっ?ドングリ食べるの?」
家内「どーも、むいたら片っ端から、食べてるみたいやねん。モリさんとこ」
私「え”〜、」まじ〜?」

実は芦屋で「ドングリ貯金」というおもしろい催し物があり、ドングリを貯金して
何個か集まったら、苗木をもらえて、自分たちで苗木を植えるという活動を芦屋市が行っています。
おもしろいでしょう!?

去年もこの行事に参加していて、息子(小2)や娘(小5)が、せっせとドングリを集めていました。
収穫したドングリの内、水に浮くものは「1ドングリ」に数えることができないというルールがあるようです。
今年もこのドングリ貯金のチラシをもらって帰っていました。

去年たくさん集まりすぎたのか?どうか分かりませんが、
「1人、500ドングリまで貯金OK。」見たいな
ことがチラシに書き加えられていました。



私 「へ〜。今年もやるねんな〜ドングリ集め」

ここで冒頭のお話

家内 「モリさんとこ、生のドングリむいたら、子供たちが片っ端から食べてるみたいやねん」
私 「え”〜、まじ〜?」


という話を1週間ほど前に家内と話していたら、仕事のマッ最中のたった今、
家内から、私の所に、初めて見る映像がメールで送られてきました。




それがこれ




IMG_4545.jpg


炒って剥いたらこんなかんじ。あっさりした栗です。(家内のコメントそのまま流用)






こんなのも送られてきました。
IMG_4838.jpg


感想を書いています。きっと食べたのでしょう(笑)
生ではきっと、食べてないと思います。
家内はモリ家ほど、勇気はないはず(笑)
ちょっと「ほのぼの」とするメールでした。

みなさんに 「ほのぼの」の、おすそわけ。続きを読む
posted by go at 19:49| Comment(0) | 日々のこと

2011年09月09日

パンダがパンパンダ

息子(小2)の夏休みの宿題です。

作品のタイトルは、だじゃれ絵本となっていました。





ワニがワニなる
ワニ.jpg






パンダがパンパンダ
パンダ.jpg





クレヨン買ってクレヨン
クレヨン.jpg





ねこがねころんだ
ネコ.jpg






わかめの中から、ワッカメだ!!
わかめ.jpg






スッポンはスッポンポン
スッポン.jpg







おわり
おわり.jpg






 


posted by go at 21:12| Comment(0) | 日々のこと

2011年08月25日

「ピギピギピギピギ」



  「ピギピギピギピギ」

   久しぶりに早く自宅に帰りました。
   家内も子供もまだ起きていて寝室で横になって
   話をしています。

家内 「お帰り。アレ何の虫やと思う?」

私  「えっ?」

家内 「昨日から鳴いてるねん。」

   テラスの植木鉢の方から虫の音が聞こえます
   「ピギピギピギピギ」

私  「なんやろ? 鈴虫?」

家内 「鈴虫はリーンやん」

私  「秋やな〜。テラスで虫が鳴くの始めてやね〜」
   私の家のテラスは14階。どうやって登って来たのでしょう?

   「ピギピギピギピギ」
    少しせわしない鈴の音のようにも聞こえます


   思いつく虫の名前を片っ端からYouTubeで調べましたが
   見つけることはできませんでした。

   クツワムシ。キリギリス。こおろぎ。まつむし。思いつく虫の名前はこれぐらい。。

   「日本のコオロギ類の鳴き声 五十音順リスト」というHPを見つけました
    http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/wave/s_korogi.html
    たくさんの虫の音を聴くことができます。
続きを読む
posted by go at 23:41| Comment(0) | 日々のこと

2011年08月05日

つののすけ、つのたろう

友人が子供たちに2匹のカブトムシをプレゼントしてくれました。

虫かごの中のカブトムシは土の中にもぐりこんでいます。

しばらくの間、虫かごを眺めていた息子曰く
息子「おとーさん。これ2匹ともオスみたいやねん」
父 「なんでやねん。アケちゃん、オスとメス1匹づつって言うてたんとちゃう?」
母 「つがいって言うてたとおもうよ」
息子「でも、ど〜見ても、こっちの、ちっちゃい方のカブトムシも、角ついてるように見えんねん」
父 「そんなことないやろ?」
  「ん?、ほ〜んまやな〜!角ついてわ〜」
  「オス同士やったら、けんかせーへんのかな〜」

母 「それぞれ、名前つけてあげたら?
娘・息子「うん、わかった。」

仕事中、子供達の書いたカブトムシの絵つきのメールが家内から届きました。
  命名
  大きいカブトムシ・・・つののすけ
  小さいカブトムシ・・・つのたろう 
      に決まりました。とのこと。

翌朝
娘「どう、どう、おと〜さん!?いい名前でしょう?」
父 「なんちゅうネーミングやねん。ま〜ま〜やな〜。」
  「メスだったら、なんて言う名前にしてた?」
娘  しばらく考えて
  「つの子!」
父 「そう言うやろ、おもたわ(笑)」

母 「メスはツノ無いよ〜(笑)」

娘・父「ほんまやな〜(大笑)」

和やかな朝でした。

つつのすけ・つのたろう圧縮.jpg
posted by go at 01:33| Comment(0) | 日々のこと